ハイヤーのプランナーは高い能力が必要

ハイヤーのプランナーは高い能力が必要だと感じます。実際に勤務されているプランナーの方はきっと謙そんされるとは思いますが、利用してみるとそう思わざるを得ないことが多々あるのです。それは予約時から始まっているものであり、電話対応の素晴らしさからわかります。電話は相手の声だけしか伝わらないため、対応が難しいものです。できるだけ避けたいと思っている人が多い仕事内容とも言われます。顔が見えない、表情が分からないからこそ、誤解も招きやすいものです。

ハイヤーを予約するにあたって、多くの場合、一度はプランナーと話す機会があることでしょう。もしくは、予約のみを対応する方がすべての連絡を行っている場合もあります。いずれにしても、上質なサービスを提供する仕事では言葉使いや空気を読むことが特に問われるでしょう。このような上質なサービスは会社の研修で学び、実践的な勤務で身に付けていきます。しかし、新卒のプランナーでも素晴らしい対応をされる場合も多々あるので、どれだけ仕事に対して真摯に向き合っているかも重要な要素なのでしょう。

また、プランナーは高い語学力が必要です。海外からのゲストに対応しなければならないので当然のことであり、特に英語での対応ができなければなりません。理由は、英語圏のゲストが多いからです。英語に関するさまざまな検定で合格していることはもちろん、なかには留学経験のあるプランナーもいます。その国の文化を知っているため、仕事に生かせることも多いはずです。近年、アジア圏のゲストも増加しており、特に中華系セレブの方、韓国系セレブの方も増えています。中国語や韓国語の日常会話程度が話せるプランナーも増えています。高級ホテルの社員の立ち振る舞いと同様であり、それにプラスして運転技術が求められるのです。

普通自動車の免許を持っているだけではなく、ハイヤーのプランナーとして勤務するには二種免許が必要です。普通免許のさらに上の免許というと分かりやすいと思われます。また、免許を持っているだけでは安全な運転ができるかどうかは別の問題です。東京近郊をハイヤーで走るためには、それ相当の運転技術の高さや地理に関して把握することも必要条件と言えるでしょう。また、一般道だけではなく、高速道や首都高の利用もあります。運転については慣れにより上達するものですし、最初からひとりで乗務するわけではありませんが、先輩の指導もあり立派なプランナーに育っていくのでしょう。これだけ上質なサービスを提供してくれることにありがたいという気持ちを持たずにはいられません。