コロナ禍だからこそハイヤーを利用する

毎日インターネットやテレビで話題になっているのは、新型コロナウイルスのことばかりです。インフルエンザのように暖かくなればあまり流行しないこともなく、季節関係なく流行しています。それが世界中で起こっているため、当然のことながら怖いものになっているのが事実。ウイルスは目に見えないため、余計にそう思ってしまいます。このような世界情勢であっても、仕事をし、生活を送らなければなりません。緊急性のない外出を控えたり、行楽や娯楽を控えたりしていても、流行はなかなか止められないようです。そうなると、正しく恐れることが必要であり、感染防止対策を取ることが特に重要視されます。

私たちが移動するときに安心なのは、不特定多数の人と密な空間にならないことです。特に免疫力の弱い高齢者は気を付けたいことであり、実際に感染すると後遺症が残りやすく、お亡くなりになることもあるからです。また、感染者が増えることでの医療崩壊は、コロナ以外の治療にも影響を与えています。

自分の身を守る、家族の身を守るためにハイヤーを使うことは賢い選択のひとつです。その理由は、ハイヤーのプランナーがいる運転席と後部座席には感染防止用のシートが張られていますし、当然のことながら車内は入念な消毒やオゾン発生器を利用した対策も行われているからです。さらに、定期的な車内の換気を行い、空気がこもらないような配慮もされています。手指の消毒液はボトルの使いまわしを避け、お客様専用のものを準備するという配慮も行われています。このような細かな配慮がハイヤーらしいと言えるでしょう。

プランナーは当然のことながら、コロナに関する情報もしっかり身に着けており、感染症対策はしっかり行います。まずはプランナー自身が健康面に留意し、毎日の健康管理と検温などを欠かしません。もし、体温の高いことが分かれば他のプランナーが乗務することになります。予定変更になってしまいますが、大切なお客様が感染しないために必要なことであり、お客様の健康を願う気持ちがあるからこそです。また、コロナ対策だけに気を取られて、車内サービスがつまらないものにならないように配慮もしています。Wi-Fiサービスはもちろんこと、ミネラルウォーターやお菓子のサービス、メッセージカードの心温まるサービスも忘れてはいません。移動手段を安全で快適なものと考えたときに、ハイヤーは満足度の高い手段のひとつだと言えます。